インドネシア旅行は危険?

インドネシア旅行,危険

 

出典:https://www.compathy.net/

 

インドネシアは有数の親日国で、日本語を学ぶ人も世界2位と言われています。
その国民性は情に厚く、助け合いの精神を持っていますが……イスラム教徒の多さからか、良くないイメージがついてしまっているのではないでしょうか。

 

 

実際、テロ攻撃が何度も起こっており、インドネシアは危険だと言われます。
しかし、街ゆく若者たちを見ると、そういったものとはまるで無縁のよう――。我々日本人の方が暗い顔をしているのではないかとさえ思うほどです。

 

 

ただ、他国と同様に日本と同じ感覚ではいけません。インドネシアへの旅行では、何に気をつけるべきでしょうか。

 

 

インドネシアへの旅行での注意点

 

★インドネシアで特に注意すべき犯罪

 

在インドネシア大使館が注意を促しているのは、
・レストラン・ホテルロビーでの置き引き
・路上・歩道橋でのひったくり
・路線バス内・駅など人混みでのスリ
で、昼夜を問わずとされています。とにかく“荷物から目を離さない”、“盗られないための工夫”が必要だとわかりますね。

 

★インドネシアには歩道がない!

 

ジャカルタ・バリ島をはじめとする各都市は車でごった返し、バイクも多く走り回ります。日本と違うのは、運転手のモラルが欠けていることと歩道がないこと。慣れない夜道を歩くくらいならタクシーに乗った方が良いでしょう。

 

……インドネシアのタクシーって、大丈夫?
海外のタクシードライバーから見れば、日本人は良い“カモ”です。ぼったくりは後を絶ちませんし、大きい犯罪につながった例もありました。インドネシアでも慎重にならなければいけませんが、ホテルやレストラン、ショッピングモールで客待ちをしているタクシーはナンバーを記録していて比較的安全です。さらに言えば『ブルーバード』というタクシー会社は安全なタクシー会社として挙げられます。

 

★インドネシアはスマホ繋がる……?

 

海外旅行では地図や翻訳アプリを活用するかと思いますが、実はインドネシアの田舎の方へ行くと「あれ、圏外……」ということもあるようです。ただ、主要都市ではモバイルブロードバンド回線の拡充が進んでおり、一般的な旅行でよほど郊外に行かなければ心配はないでしょう。

 

それより注意すべきはケータイ代です。スマホを持って行ったのは良いものの日本と同じように使っていては“パケ死”(高額請求が来ること)してしまいます。必ずWi-Fiルーターをレンタルしてから行きましょう。

 

Wi-Fiルーターの貸し出しをしているのは、有名どころで『イモトのWi-Fi』。もちろんインドネシアにも対応しています。初めての方も安心の“電源を入れるだけ”。難しい設定はありません。海外旅行に便利なアプリは数えきれないほどありますから、ネット環境を整えてぜひ現地で活用してください。

 

 

インドネシアは、親日国ゆえに日本人向けのクリニックなども多く、旅をしていると“近しい感じ”を持てるはず。実際、「懐かしいな」と感じる日本人旅行者は多いそうです。治安情報も忘れずチェックしつつ、インドネシアの人々の温かさに触れてきてくださいね。

 

 

⇒イモトのWi-Fiの詳細を確認するならこちら≫